NPO法人日本燦クラブ

« 青木盛栄記念室 | メイン | 燦セミナー埼玉のご案内 5/10(火)開催 »

寿恵更紗ミュージアム

「天神様と和更紗展」京都長岡天満宮×美術館《春》の特別展開催中!
gaku_syunyou1.jpg
「春陽」額装 長岡天満宮所蔵
本展で初展示となる「春陽」は平成14年春、長岡天満宮で執り行われた菅原道真公御神忌1100年大萬燈祭を記念して寄贈されたもので、永代にわたり長岡天満宮神殿に掲げられています。この作品に打ち込んだ作者の強い想い、それは1100年の時を超えて道真公の魂に語りかけながらの渾身の創作となりました。菅原道真公は世のため人のためにと学問を極められた方で、世の人々の幸せを心から念じ生きた青木寿恵の想いが本作の中に見事に調和し、見る人の心を平和な世界へと引き込みます。本展では日本の優美を表す更紗作品の他、作者が世界的な更紗芸術家に至るまでの研究作品も合わせて展示いたします。繊細で優美な筆致に作者の澄み切った感性を感じてください。
line.gif
会期 2011年4月17日(日)~5月29日(日) ※GWの4月29日から5月5日は休館
開館時間 午前10時 ~ 午後4時(入館は午後3時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料 一般500円/大学・高校生350円/中学生以下無料
※障害者手帳をご提示の方は無料
※小学生以下は保護者同伴にてご来館ください
主催 NPO法人日本燦クラブ
後援 京都府、向日市、長岡京市、KBS京都、京都新聞社
お問い合わせ 電話075-934-6395/ファックス075-934-6396
寿恵更紗ミュージアム(日本燦クラブ会館2階)

line.gif

〈青木寿恵 略歴〉
sue.aoki01.jpg 1926(大正15) 大阪府枚方市生まれ
1950(昭和25) ローケツ染めをはじめる
1965(昭和40) 手描き更紗の研究をはじめる
1975(昭和50) 東京、銀座和光ホールにて個展(銀座和光主催)〈同79/84/88/92/00〉
1977(昭和52) 6月 日本文化使節としてイタリアローマ文化会館にて国際交流基金主催の個展
9月 同上 ドイツケルン文化会館にて個展
11月 同上 ベルリンダーレム博物館にて個展
1979(昭和54) 日加修好50周年記念に日本文化使節としてカナダ政府より招聘され個展
1993(平成5) 日仏文化交流日本代表としてフランス・リール市オペラ座にて講演・個展
1995(平成7) ユネスコ平和50周年記念にフランス・ユネスコ本部より招聘され個展


これまでの展覧会
青木寿恵・遺作展
〜更紗芸術に捧げた生涯〜
2010(H.22)/10/22(金)〜11/28(日)
平成22年寿恵更紗《春展》
春風に誘われて
2010(H.22)/4/16〜5/30
日加修好80周年記念・カナダ展
ー大自然に魅せられてー
2009(H.21)/10/10〜11/18
クメールの微笑
 〜アンコール遺跡の女神たちが踊りはじめた〜
2009(H.21)3/20〜5/24
巴里(パリ)の源氏物語展
ー寿恵更紗・連作「源氏物語シリーズ」特別作品展ー
2008(H.20)/11/12〜2009(H.21)/1/25


貸しギャラリーのご案内
gal00-web.gif
ico01.gifギャラリー活用例 ico01.gif 寸法図

絵画、書、写真など各種個展にご利用ください。 第2展示室

↑クリックで拡大表示↑



第3展示室

↑クリックで拡大表示↑
ico01.gif 詳細

使用期間: 火曜から日曜の6日間(月曜休館)
使用時間: 開場は9:00から、閉場は17:00
最終日は撤収搬出を含めて18:00完全退出願います。したがって最終日の閉場時刻を早めていただく必要がある場合がございます。原則として使用開始後の使用期間の延長はできません。
備品: 可動スポット・ピクチャーワイヤー(使用料金に含む)
ico01.gif 使用料金

施設区分 面積 使用料(税込)
第2展示室 34平米
(10坪)
火曜から日曜(6日間)
32,400円
第3展示室 9.5平米
(3坪)
ico01.gifお願い

・展示に必要な工具類・文房具・梱包テープ等は各自必ずご持参ください。
・案内状・目録・発送諸費用・ポスター等は利用者側でご準備ください。期間中に出るゴミは各自お持ち帰りください。
・駐車場が狭いため車でのご来場をご遠慮ください。


利用規程
目的
利用者範囲
開館時間
休館日
利用手続
申し込み期限
利用料金
利用の取消
利用者の遵守事項
賠償の責務
駐車場の利用
その他事項
付則

目的
この規定は、NPO法人・日本燦クラブ(以下、本会という)が所有するNPO法人日本燦クラブ会館(以下、会館という)の有効かつ円滑な利用を図るために必要なことを定める。
利用者範囲
会館の利用者範囲は、会議・研修・カルチャースクール・文化的活動または催物等に利用する者で、本会の会員および本会が適当と認める者とする。
開館時間
開館日は、毎年1月6日から12月25日までとする。
開館時間は、午前9時から午後5時までとする。
休館日
月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月26日から1月5日まで)
その他、展覧会開催月以外は別に定めるカレンダーによる。
利用手続
会館を利用しようとする者は、所定の使用許可申請書に利用料金を添えて本会事務所へ申し込み、承認を受けることとする。
申し込み期限
申込受付は、本会会員については利用日の6ヶ月前から、その他一般については3ヶ月前からとする。
利用料金
会館の利用料金は、別紙のとおりとし、利用料金は全額前納とする。即納の利用料金は次の場合を除き、原則として返戻しない。
1、災害その他不可抗力の理由により利用することができなくなったとき。
2、本会の都合により、承認が取り消されたとき。
利用の取消
会館の利用者が次の各項に該当するときは、利用承認の取り消しまたは利用の中止を求めることがある。
1、環境・風俗を乱し、または公安を害する恐れがあるとき。
2、建物・付属物または器具・備品等をき損する恐れがあるとき。
3、規程の使用許可申請書の記載事項に虚偽を認めたとき。
4、その他、本会が支障があると認めたとき。
(2)前項の場合において生ずる利用者の損害については、本会は責を負わない。
利用者の遵守事項
利用者は、下記事項を遵守するものとする。
1、承認を受けた目的以外に使用し、または転貸しないこと。
2、会館の備品及び機械器具等を利用しようとするときはあらかじめ申し込みの上、所定の利用料金を払い込むこと。
3、他の利用者または近隣に迷惑になるような喧騒や粗暴は言動をしないこと。
4、承認を受けた以外の場所を無断使用しないこと。
5、会館建物の内外に承認を受けない広告物等を掲示することは禁止する。
6、事前承認なくみだりに火気を使用したり、または引火爆発の恐れのある物を持ち込まないこと。
7、ラッカー・シンナー・ペンキ等汚損原因となるものを会場内で使用すること。
8、建物の壁面・天井・床等に直接クギ・ネジ、剥離が困難な強力粘着テープの使用をしない。
9、所定の場所以外での飲食は禁止する。
10、全館禁煙とする。
11、会館管理上必要な指示に従うこと。
12、利用終了後は、忘れ物・火気等の点検を行い、会場を現状に復し事務所に連絡すること。
賠償の責務
利用者は、建物・付属物及び器具・備品等のき損、または滅失した時は賠償の責を負うものとする。
(2)万一の火災・盗難・不慮の事故・災害等が発生した場合、本会ではその責任は負いませんので予めご了承ください。
駐車場の利用
会館の駐車場を利用する自動車・自転車等車両、またはその付属品及び車内の物品の盗難・損傷等全ての駐車場内の事故(人身事故を含む)については、本会はその責を負わないものとする。
その他事項
この規定に定めない事項は、本会理事会の承認を得て理事長が定める。
付則
この規定の施行日は平成21年1月6日とする。

トップページに戻る


〒617-0002 京都府向日市寺戸町寺山12番地1
TEL : 075-934-6395  FAX : 075-934-6396 e-mail : info@sunclub.or.jp